トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ岡山県 > 大守動物病院

大守動物病院

大守動物病院

わかりやすい説明、丁寧な診療を心がけています。

☆飼い主さまにわかりやすく病状や治療法を説明し、
ご納得の上治療を行っています。
又、大切なペットのホームドクターとして「病気の予防・早期発見・早期治療」をモットーに、定期的な健康相談を実施し、充実したペットとの生活をサポートします。

大守動物病院:DATA
住所〒703-8255
岡山県岡山市中区東川原142-10
電話086-271-1511
FAX086-271-1511
URL
営業
駐車場有 無料  当院の前と横が駐車場です。
業種獣医師、動物病院
アクセス◆鉄道
JR山陽本線・西川原駅
◆バス
東川原停留所・徒歩1分
◆車
中区役所(メディアコム)から1分
後楽園から5分
◆その他
浜三丁目交差点を北へ、デオデオ東川原店をこえ、東川原北ノ条三差路、万代外科となり
お役立ち情報☆「いつもと違うかな?」「おかしいな?」と思う症状がございましたら、早めにご来院下さい。
日常の小さな変化を伝えていただくことが、病気の早期発見につながります。

大守動物病院の地図

岡山県岡山市中区東川原142-10 (Sorry, this address cannot be resolved.)

大守動物病院の詳しい情報です!

【診療対象動物】
●犬
●猫


【診療内容】
●各種診療
●去勢手術・避妊手術
●予防注射(狂犬病、混合ワクチン)
●フィラリア予防
●健康診断
 ☆血液検査、尿、便の検査、レントゲン検診、超音波検診
●各種相談受付
 ☆飼育、しつけに関する相談、健康管理に関する相談

=【犬の予防】=
●フィラリア
●狂犬病予防注射
●混合ワクチン
●ノミ、ダニ、その他寄生虫

=【猫の予防】=
●混合ワクチン
●ノミ、ダニ、その他寄生虫



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫ウイルス性鼻気管支炎

猫風邪の1つで、主に風邪の症状と眼の異常が特徴の“猫ウイルス性鼻気管支炎”は、猫の病気では一番多いもので“猫ヘルペスウイルス”がその原因となっています。そして別名を“猫インフルエンザ”とか“猫コリーザ”とも呼ばれるように、このウイルスは猫科の動物のみにしか感染しませんが、子猫がかかると重症化しやすいので気を付けなければなりません。 この病気は“猫カリシウイルス”と混合感染することが多いようで、感染すると2~17日の潜伏期間の後に40度以上の発熱やくしゃみや咳、鼻水、よだれ、

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。