トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ大阪府 > 動物メディカルセンター箕面

動物メディカルセンター箕面

動物メディカルセンター箕面

小さな家族の一生涯をチーム医療の全総力で守ります!

動物メディカルセンター箕面は、安心の医療と同時に楽しみ・学び・安らぎの空間をご提供します。
私達はみなさんの大切な家族の一員の一生を各ライフステージに合わせてきめ細かくサポートしていく病院です。
そして、より進んだ医療を提供しながら、ペットの痛みや飼主様の不安を取り除くホームドクターであり続けます。

動物メディカルセンター箕面:DATA
住所〒562-0032
大阪府箕面市小野原西4丁目7-7
電話072-727-2288
FAX072-727-1114
URL
営業09:00~20:00
午前診09:00~12:00
午後診14:00~17:00
夜間診17:00~20:00
詳しい診察時間はお気軽にお問い合わせ下さい。 年中無休、※日曜祝日は午前診・午後診のみ(夜間診察はありません)。
※午後診の時間帯は、手術や特殊検査も行っています。担当医のご希望がある場合は、来院される前にお電話で確認お願いします。
駐車場11台
業種獣医師、動物病院
アクセス◆鉄道
大阪モノレール・茨木摂津線・阪大病院前駅・豊川駅
◆車
国道171号線沿いから勝尾寺西交差点を南へ 突き当りを東へ500m
お役立ち情報■2011年8月から年中無休になりました!■

当院では、病気にならないための予防やセルフケア講習・各種相談などにも力を入れており、病気になりにくい生活習慣を築きあげるお手伝いをします。
それでも、病気になってしまったら、それぞれの得意分野を持つ獣医師と看護師がチームを組み、ペットと飼い主様にとってのベストな治療を一緒に考え、最善・最良の治療が出来るよう全力を尽くします。

動物メディカルセンター箕面の地図

大阪府箕面市小野原西4丁目7-7 (Sorry, this address cannot be resolved.)

動物メディカルセンター箕面の詳しい情報です!

○ごあいさつ
~動物総合病院としてペットと社会の理想的な未来に向けて~

動物メディカルセンターグループは、いち早く、内科、外科、眼科といった専門獣医師による総合化を進めてきました。
現在、高い専門性を持った経験豊かな獣医師達が飼い主さんとペットを支えています。
こうした専門医体制によって医療情報の収集と技術の習慣に力を入れ、勤務医には国内はもとより海外の学会・セミナーなどへの参加を義務付けています。
また先端医療機器の導入やエマージェンシー体制の確立など、きめ細かな医療体制による”トータルシステムケア”を目指しています。
院長 北尾 貴史

○診療部門とサポート部門の連携により、幼少期から高齢期までをトータルにサポート
<診療部門>
・一般診療 ・予防診療 ・各種専門外来 ・小児科 ・シニア内科 ・シニア外科 ・ロングライフ健診センター
<サポート部門>
・エクササイズ&リハビリテーションセンター ・栄養相談室 ・ペットホテル ・グルーミングサロン ・育て方教室 ・飼い主学級 ・緩和ケアセンター

○私たちがあらゆる角度から全力でサポートします
当院は病気になった動物だけが利用するところではありません。病気になった時はもちろんですが、病気にならないために気をつけること・するべきことを飼い主様にお伝えすることも、当院の使命だと考えています。
飼い主様が気軽に足を運んでくださる、そして何より動物自身が喜んで通ってくれる、そんな病院を心がけています。

○病気になりにくい生活習慣
特に生後1 年間は、「病気になりにくい生活習慣」を身につけ、健康の基礎を作る最も大切な時期です。
この時期にペットだけでなく飼い主さんにもたくさんのことを学んでほしいと思っています。

○たくさんの動物たちと家族に出会いました
私たちは30数年の間に、たくさんの動物たちと家族に出会いました。
当院の患者さまで長寿表彰を受けられたワンちゃん、ネコちゃんも数頭います。
これがホームドクターとしての私たちの誇りです。

ペット達に少しでも健康で長生きしてもらうために、当院では幼年期の「成長サポートプログラム」、中高年期の「シニアサポートプログラム」があります。
信頼してくださる飼い主様のために、私たちも全力でサポートします。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫伝染性腹膜炎

“猫伝染性腹膜炎”は猫の病気の中でも致死性が高くて非常に怖い病気で、発病してしまうと助けることができないとまで言われていますが、そのウイルスは通常自然界には存在していません。実は、猫を狙うウイルスの中には“猫腸コロナウイルス”というのがあって、これ自体は猫に対してほとんど悪影響を与えないで腸管に感染するものなのですが、腸の中で突然変異を起こすと“猫伝染性腹膜炎”を発症してしまいます。 “猫腸コロナウイルス”は猫の口から体内に入り、排泄物とともに体外にでてまた他の猫に経口感染

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。