トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ東京都 > アーク動物病院

アーク動物病院

アーク動物病院

田園調布駅から徒歩7分 ◆土曜日も診療◆往診受付

あなたの小さな家族の健康と幸せを心から願って・・・
質の高い充実した獣医学医療と安らぎのケアを提供いたします。

アーク動物病院:DATA
住所〒145-0071
東京都大田区田園調布2丁目20-10
電話03-3722-5822
FAX
URLhttp://home.f00.itscom.net/ark-vet/
営業
駐車場
業種獣医師、動物病院
アクセス◆鉄道
東急東横線・田園調布駅から徒歩7分
◆車
【環八】用賀瀬田方面に向って田園調布学園前交差点から左折 突き当りを左折すぐ
【中原街道】丸子橋に向って田園調布本町交差点から右折 直進し2分
お役立ち情報【施設紹介】
動物病院は臭いという印象をお持ちではありませんか?
何よりもスタッフが、気を遣い心がけているのは、衛生面です。
毎日診察終了後、病院中の床を消毒薬を使用して拭いています。
免疫の弱くなった老齢のペットも生まれたばかりのベビーも安心して来院してください。
また入り口から診察室まではバリアフリーです。
待合室も広いので、車椅子をご使用の方もどうぞ、あなたのパートナーの診察に付き添ってあげてください。

アーク動物病院の地図

東京都大田区田園調布2丁目20-10 (Sorry, this address cannot be resolved.)

アーク動物病院の詳しい情報です!

【診療内容】
小動物内科診療 外科 検査室 歯科ケア 腫瘍科 画像診断 ペットサプライ
◆ペットホテル
◆グルーミング

≪小動物内科診療対象動物≫
イヌ・ネコ・小鳥・エキゾチックアニマル

◆エキゾチックアニマルについて
彼らたち、エキゾチックペットと呼ばれる動物は解剖学的にも生理学的にもイヌやネコとは全く異なります。
当院では専門知識と特殊技能を持った獣医師が診察にあたります。
繊細なペットたちのために・・・
・待合室に囲みのある静かなスペースを用意しています
・手術のための特殊設備・器具をそろえています
・入院室は他の動物とは別のお部屋を用意しています

◆当院で診察可能なエキゾチックペット
フェレット・ウサギ・ハムスター・プレーリードッグ・モルモット・リス・小鳥

≪外科≫
一般外科・整形外科・軟部組織外科・眼科外科
◆最新の設備と最も安全な麻酔技術と手術技術を提供します。

≪検査室≫
◆院内検査システムを充実させ、迅速な診断を心がけています。
血液検査 生化学・血球検査。ネコエイズ・ネコ白血病ウィスル検査
糞便検査
尿検査
アレルギー検査(92種のアレルゲン)
細菌検査(細菌培養・抗生物質感受性)

≪歯科ケア≫
◆こんな症状は?
口臭が気になりませんか?
硬いフードを嫌がっていませんか?
歯を見てください。歯石が付着していませんか?
乾燥フードを食べると歯肉から出血しませんか?

≪腫瘍科≫
◆抗ガン剤治療・外科的切除等、腫瘍も治るもしくは、付き合っていける疾患です。
より苦痛のない治療を話し合いながら進めていきましょう。

≪画像診断≫
レントゲン検査・超音波検査・消化管内視鏡検査

★心臓エコーのすすめ
特に中高齢の小型犬、キャバリア犬などは心臓弁膜の疾患にかかりやすい傾向にあります。
また大型犬でもドーベルマンやボクサーは心筋症にかかりやすい犬種といわれています。
猫においても心筋症はよくみられ しかも犬のような咳などの症状なしに突発死という経過をとるものも少なくありません。

人間と違い動物たちは言葉を持ちません。近頃 咳をする、お散歩の距離が短くなったなどの小さなシグナルしか発していなくても心臓に問題が生じているかもしれません。
早期発見早期コントロールが肝要です。ご相談ください。

≪ペットサプライ≫
・各病態に適応したフード
・心臓食、肝臓食、腎臓食等
・ノミ・ダニ駆除剤
・低アレルギーシャンプー

★詳細はHPをご覧ください。

【アーク動物病院】
http://home.f00.itscom.net/ark-vet/

【ペットホテル&グルーミング】
http://home.f00.itscom.net/ark-vet/hospital/examination.html



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫カリシウイルス感染症

かつては“猫のインフルエンザ”、“猫風邪”とも呼ばれている“猫カリシウイルス感染症”は、猫が冬場によくかかる呼吸器感染症の1つで、ほとんどが感染した猫との接触によってうつりますが、空気感染や人の手や衣服、食器からうつることもあります。感染すると2~10日の潜伏期間があり、次第に高熱やくしゃみ、鼻水、咳、目やに、倦怠感、食欲不振といった風邪のような症状が出てきます。 そして単独でかかることはまれで、ほとんどの場合“猫ウイルス性鼻気管支炎”などと混合感染し、猫によっては呼吸器の

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。