トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ北海道 > 新札幌ラパス動物病院

新札幌ラパス動物病院

新札幌ラパス動物病院

厚別青葉町-もみじ台-上野幌-平岡公園-西の里から5分■P有

1頭1頭をしっかりと診察し、
飼い主様に説明をする為に
予約診療を行っております。
当日予約も可能です。
お電話にてご希望のお時間をお伝え下さい。
予約なしでの診療も可能ですが、
予約の方を優先して診療致します。

新札幌ラパス動物病院:DATA
住所〒061-1103
北海道北広島市虹ヶ丘8丁目2-6
電話011-374-2211
FAX
URLhttp://www.pet-ah.org/
営業
駐車場病院前に5台無料駐車場有
業種獣医師、動物病院、ペット関連サービス、ペットトリミング、ペット美容室、ペットフード販売、ペットホテル、ペット用品販売
アクセス◆鉄道
JR上野幌駅駅徒歩6分
◆バス
JRバス青葉通り橋停留所・徒歩2分
◆車
国道274と厚別東通りの交差点もみじ台方向200m
◆その他
新札幌駅から車で厚別青葉通りをもみじ台方面へ5分、もみじ台南交差点を右折20m右手
お役立ち情報○全体を説明するよう心がけています。飼い主様が最良の選択ができる様未来のリスクと選択肢を提示していきたいと考えています。

○予防や検査など当たり前の事をきっちりと実施していく事が大切だと考えています。

○動物目線を基準にしています。動物達には目線より下で話す様にしています。又白衣を着ていないのも動物を怖がらせない為です。動物達の安心は良い治療に繋がると考えています。

新札幌ラパス動物病院の地図

北海道北広島市虹ヶ丘8丁目2-6 (Sorry, this address cannot be resolved.)

新札幌ラパス動物病院の詳しい情報です!

http://www.pet-ah.org/ ←詳細はHPをご覧下さい。


□□ 診療科目 □□
一般診療・外科手術・避妊手術・去勢手術・予防注射 札幌市・北広島市狂犬病予防注射・皮膚アレルギー治療・健康診断・しつけ相談・シニアサポート・トリミング・ペットホテル・ペットフード

大切な家族の一員である動物達の健康を守るため、飼い主様としっかりと相談しながら治療をすすめていきたいと思っています。
動物たちの安心は良い治療につながると考え、診察や手術の際は動物を怖がらせないように配慮しています。手術を行う際には、手術前からしっかりと痛み止めを使い、手術器具や縫合糸なども動物の体に負担が少ないものを使用しています。
動物たちの健康を維持するためには、予防をしっかり行う、避妊・去勢手術を受ける、質の良い食事をとる、定期的に健康診断を受けることが大切です。各種予防・手術・健康診断・ペットフードなどについてもお気軽にご相談ください。

□□ トリミング □□
当院に来院いただいている動物を対象に、予約制でトリミングサービスを行っております。1年以内の混合ワクチンの接種が必要です。(当院以外で接種している場合は、証明書を持参して下さい)
トリミング時は獣医師が身体検査を行い、皮膚の状態に合わせたシャンプー剤を使用。自覚症状も無く、飼い主様が気づいていない症状ある場合も早期発見・早期治療が行えますので安心です。

【シャンプーコース】
獣医師の身体検査・爪切り・肛門腺・耳掃除・足裏/足回りカット・シャンプー

【カットコース】
シャンプーコースに全身カットがプラスされます。

【マイクロバブル酵素浴】
ニオイや抜け毛が気になるワンちゃんや皮膚の弱いワンちゃんにお勧めです。当院では、保湿効果のある酵素剤をプラスして使用しますので、マイクロバブルだけの時よりも洗浄効果がアップし、被毛がふわふわサラサラになると大好評です。

□□ ペットホテル □□
当院に来院いただいている動物を対象に、ペットホテルでのお預かりを行っております。
1年以内の混合ワクチンの接種が必要です。(当院以外で接種している場合は、証明書を持参して下さい)
うさぎ・ハムスター・小鳥などもお預りします。

■動物取扱業 <保管> 010720139
■登録年月日 平成19年12月28日
■有効期限の末日 平成24年12月29日
■動物取扱責任者 土屋 理恵



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫伝染性腹膜炎

“猫伝染性腹膜炎”は猫の病気の中でも致死性が高くて非常に怖い病気で、発病してしまうと助けることができないとまで言われていますが、そのウイルスは通常自然界には存在していません。実は、猫を狙うウイルスの中には“猫腸コロナウイルス”というのがあって、これ自体は猫に対してほとんど悪影響を与えないで腸管に感染するものなのですが、腸の中で突然変異を起こすと“猫伝染性腹膜炎”を発症してしまいます。 “猫腸コロナウイルス”は猫の口から体内に入り、排泄物とともに体外にでてまた他の猫に経口感染

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。