トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ猫の病気【2】 > 慢性腎炎

慢性腎炎

慢性腎炎の画像

猫の腎臓は胸より少し下の背中側に、左右1つずつついていてそらまめのような形をしている臓器で、そこでは送り込まれた血液をろ過して水分やイオンの量や濃度を調整し、さらに体内で発生した老廃物も一緒に尿として排泄するというとても重要な作業が行われています。

“慢性糸球体腎炎”とも呼ばれる“慢性腎炎”は、腎臓に炎症がおきて血液をろ過する働きが低下する病気で、腎臓の機能が75%以上機能しなくなると腎不全を引き起こしてしまいます。慢性腎炎にかかると猫は元気がなくなって食欲もなくなり、痩せて毛の艶も悪くなります。

そして溜まった老廃物を排泄しようとして水をたくさん飲み、尿の回数も増えるようになりますが、老化による腎機能の低下とともに進行していく慢性腎炎の場合、このような症状が出た時点では腎機能の低下がかなり進行していることが多いようです。治療では栄養不足にならない程度に腎臓への負担の少ない低たんぱくの食事に切り替え、脱水症状を起こさないように点滴などで水分を補給します。

ところでよく猫は腎臓の病気にかかりやすいと言われますが、原因としては、食事の管理の問題以外にも、細菌やウイルス感染、免疫不全などが挙げられます。たとえば猫の3大ウイルス感染に挙げられている“猫白血病ウイルス”や“ネコ伝染性腹膜炎”は感染すると運よく命を取り留めることができたとしても、後遺症として腎臓内で原尿をつくる“糸球体腎炎”になりやすかったり、子猫以外あまり問題とならない“トキソプラズマ感染症”にしても糸球体腎炎を引き起こすことがあります。

さらにオス猫に多い“尿道づまり”は、細菌が尿管を伝って腎臓に入り込んで“腎盂腎炎”を引き起こしたり、誤って車の不凍液や洗剤、床用ワックスなどをなめて中毒症状を起こして“急性腎不全”を起こすケースも多いと言われます。

また腎臓病にかからなくても猫の腎臓は老化によって糸球体が壊れて行き、10歳くらいになると60%程度に低下することから、年齢とともに腎不全を起こすリスクも高まることになります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ アデノウイルス

人間にもある“アデノウイルス感染症”は、アデノウイルスによって引き起こされる呼吸器や目、消火器の疾患で、ウイルスに血清型と呼ばれる番号がついていて軽い風邪程度から結膜炎や嘔吐、下痢、扁桃腺炎、肺炎と重症化するものなど、それぞれに起こしやすい病気も異なっています。 一方、犬の“アデノウイルス感染症”はジステンバーと並ぶ犬の代表的なウイルス性伝染病で、肝炎を引き起こす“犬アデノウイルス1型感染(CAV-1)”と気管支炎などの風邪の症状を呈す“犬アデノウイルス2型感染(CAV-2

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。