トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ猫の病気【2】 > 猫免疫不全ウイルス感染症

猫免疫不全ウイルス感染症

猫免疫不全ウイルス感染症の画像

“猫免疫不全ウイルス感染症”は、俗に言う“猫エイズウイルス”と呼ばれる“猫免疫不全ウイルス”に感染することによって発症する病気で、家の中だけでなく外にも自由に出ている飼いネコが感染しやすいと言われています。

猫免疫不全ウイルスに感染すると、30~60日後に口内炎ができたり、熱が出たり、リンパ腺がはれたり、下痢をしたり、鼻水が出るといった症状が出て、それが数週間から数カ月続きます。

この期間が急性期で、それを過ぎるとウイルスは猫のリンパ球の中に入り込んで潜伏するのですが、その状態は2~3年のものもあれば一生発症しないままのケースもありますし、発病したとしても長生きすることが多いようです。

発症は、リンパの中のウイルスが何かの刺激を受けて目を覚まして活動を開始することによって起こり、そうなると今度はリンパ球の一種で体内に侵入してくる病原菌やウイルスをやっつける働きをしている“T細胞”を攻撃し始め、猫の免疫力はどんどん低下して、口内炎や慢性皮膚炎、慢性下痢といった症状は悪化し、やがて免疫力がなくなって皮膚ガンやリンパ球のガンなどの悪性腫瘍に感染しやすくなります。

そして最終段階では、元気な猫には何の害も与えないような細菌にさえ感染するようになってしまいます。感染は、猫同士の縄張り争いや雌猫をめぐっての激しいけんかによってできた咬み傷の中に唾液中のウイルスが侵入することによって起こると考えられており、猫同士でなめ合ったり、出産や交尾、授乳などによって感染するということはほとんどありません。

けれども日本では、感染した猫が放棄されて野良猫の間にエイズがどんどん広まって行っているのが現状で、外で暮らす猫の約12%が猫免疫不全ウイルスに感染しているとも言われています。“猫免疫不全ウイルス感染症”に対するワクチンは現在日本にはないために、猫免疫不全ウイルス症から愛猫を守るには、室内飼いに徹して野良猫との咬み合いがない環境を保つことが一番の方法であるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コロナウイルス

“犬コロナウイルス感染症”は別名を“犬コロナウイルス性腸炎”とも言われるように、ウイルスが犬の消化管に感染して腸炎を引き起こすもので、大人の犬は感染してもほとんど症状は出ませんが、子犬に感染すると消化器にさまざまな症状が表れます。発見された当初は病原性が弱いためにさほど怖いウイルスではないと言われていましたが、突然病原性が強くなって今では世界中に蔓延していると言われます。 コロナウイルスに感染すると犬は食欲がなくなって元気がなくなり、倦怠感が見られ、次第に嘔吐や下痢といった

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。