トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ猫の病気【1】 > 猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症の画像

“猫白血病ウイルス感染症”は“猫免疫不全ウイルス感染症(:猫エイズウイルス感染症)”同様に猫の病気の中でも恐れられているものの1つで、ウイルスに感染して発症すると白血病を引き起こすだけでなく、腎臓疾患や血液疾患、腫瘍、流産、口内炎といった他の病気を引き起こしてかなりの高い確率で死に至ってしまいます。

子猫や若い猫が突然熱を出したり鼻水をたらしたり、さらに下痢をしたりリンパ腺を腫らしたりして元気がない状態が続くようであれば、まずこの病気を疑ってみましょう。

実際には感染すると1カ月前後で発症し、急性期には白血球や血小板が減少し4カ月以上の猫であれば免疫力が強くなっているためにほとんどが回復していきますが、急性期を乗り越えた後に何カ月経ってもウイルス反応が陽性のままであれば、治ったように見えても慢性に移行している可能性が高く、1~2年後に白血球のガンである“リンパ腫”や悪性の貧血、白血球の減少、細菌感染、悪性腫瘍といった白血病に伴うさまざまな症状が表れてきます。

感染の原因としては、ウイルスに感染した猫の唾液による経口感染がほとんどで、感染している親猫が子猫をなめたり、数匹の猫を飼っていて猫同士がなめ合ったりけんかをして咬みついたりすることによってうつるケースが多いようです。

そこで母子感染を防ぐためには病院でウイルス検査をしてもらって、感染していれば不幸な猫を増やさないためにも避妊手術をしておくことが大切ですし、新たに猫を飼う場合はまずウイルス検査を行ったり、感染している猫が見つかった場合は他の猫とは違う部屋で飼う必要があります。

猫白血病ウイルスに感染していても自然治癒することもあるので、十分な栄養を与えて快適な環境を保って免疫力を低下させないようにしてやりましょう。また定期的に予防ワクチンを接種することも大切ですが、100%の予防効果は望めないので、室内飼いを徹底させて感染猫や外で生活している猫との接触をもたせないようにしましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コロナウイルス

“犬コロナウイルス感染症”は別名を“犬コロナウイルス性腸炎”とも言われるように、ウイルスが犬の消化管に感染して腸炎を引き起こすもので、大人の犬は感染してもほとんど症状は出ませんが、子犬に感染すると消化器にさまざまな症状が表れます。発見された当初は病原性が弱いためにさほど怖いウイルスではないと言われていましたが、突然病原性が強くなって今では世界中に蔓延していると言われます。 コロナウイルスに感染すると犬は食欲がなくなって元気がなくなり、倦怠感が見られ、次第に嘔吐や下痢といった

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。