トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ > 猫の病気【1】

猫の病気【1】

猫伝染性腹膜炎

“猫伝染性腹膜炎”は猫の病気の中でも致死性が高くて非常に怖い病気で、発病してしまうと助けることができないとまで言われていますが、そのウイルスは通常自然界には存在していません。実は、猫を狙うウイルスの中には“猫腸コロナウイルス”というのがあって、これ自体は猫に対してほとんど悪影響を与えないで腸管に感染するものなのですが、腸の中で突然変異を起こすと“猫伝染性腹膜炎”を発症してしまいます。 “猫腸コロナウイルス”は猫の口から体内に入り、排泄物とともに体外にでてまた他の猫に経口感染



スポンサー広告

ネットショップ広告


猫の病気【1】の記事

猫の病気【1】のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

猫伝染性腹膜炎

猫伝染性腹膜炎

“猫伝染性腹膜炎”は猫の病気の中でも致死性が高くて非常に怖い病気で、発病してしまうと助けることができないとまで言われていますが、そのウイル・・・


猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症

“猫白血病ウイルス感染症”は“猫免疫不全ウイルス感染症(:猫エイズウイルス感染症)”同様に猫の病気の中でも恐れられているものの1つで、ウイ・・・


猫ウイルス性鼻気管支炎

猫ウイルス性鼻気管支炎

猫風邪の1つで、主に風邪の症状と眼の異常が特徴の“猫ウイルス性鼻気管支炎”は、猫の病気では一番多いもので“猫ヘルペスウイルス”がその原因と・・・


猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症

かつては“猫のインフルエンザ”、“猫風邪”とも呼ばれている“猫カリシウイルス感染症”は、猫が冬場によくかかる呼吸器感染症の1つで、ほとんど・・・


猫凡白血球減少症

猫凡白血球減少症

“猫凡白血球減少症”は別名を“猫パルボウイルス感染症”、“猫伝染性腸炎”とも言われるもので、かつては“猫ジステンバー”とも呼ばれていたとて・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 猫凡白血球減少症

“猫凡白血球減少症”は別名を“猫パルボウイルス感染症”、“猫伝染性腸炎”とも言われるもので、かつては“猫ジステンバー”とも呼ばれていたとても怖い病気です。犬に感染するパルボウイルスもありますが、犬のパルボウイルスは猫のパルボウイルスが強力なものへと変化したもので、猫のウイルスに比べるとかなりたちが悪いものです。 猫パルボウイルスは生後3~5カ月の子猫や老猫に感染しやすいのですが、猫の体内に侵入すると、ウイルスは赤血球や白血球をつくる働きをしているリンパ節や腸粘膜細胞などの細

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。