トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ犬の病気【2】 > パラインフルエンザ

パラインフルエンザ

パラインフルエンザの画像

パラインフルエンザウイルスに感染することによって発症する“パラインフルエンザ”は、特に寒い時期に子犬がかかることが多い呼吸器系の病気で、ケンネルコフ「犬呼吸器症候群」の原因の一つとされています。

パラインフルエンザウイルスは、単独で感染した場合は鼻水や咳だけでそれほど重い症状を引き起こすことはありませんが、伝染力が非常に強い上に、野外や集団で飼われているような環境では犬アデノウイルスといった他のウイルスや細菌などと混合感染することがほとんどであることから、いったん感染すると食欲不振や発熱、鼻水、呼吸困難、下痢などを引き起こして重症化し、非常に治りにくいと言われています。

特に衰弱している犬や多頭飼いでストレスの多い犬などは感染する確率が高く、手当が遅れると肺炎を起こして死にいたることもあるので、できるだけ軽い症状のうちに病院で診てもらうようにしましょう。

感染は、ペットショップやペットホテル、ペット美容室、ドッグショーといったたくさんの犬が集まるような場所で、ウイルスに感染した他の犬がくしゃみをしたときにその飛沫を吸い込み、口や鼻を通してウイルスが侵入してくるケースがほとんどで、治療ではパラインフルエンザウイルス自体に効く薬はありませんが、抗生物質や咳止め、解熱剤、抗炎症剤、栄養剤などが処方されて対症療法が行われます。家庭では咳がひどい場合には、加湿器を使うのも症状を緩和するのに役立ちます。

パラインフルエンザを予防するには、子犬の時期からジステンバーウイルス、アデノウイルスⅠ型感染症(犬伝染性肝炎)、アデノウイルスⅡ型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)、パルボウイルス感染症、パラインフルエンザ感染症のウイルスに効果のある基本ワクチン の“5種混合ワクチン”などを接種するのが一番確実な方法で、たとえウイルスが体内に侵入してきてもワクチンによって免疫ができていれば重症化することはありません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫伝染性腹膜炎

“猫伝染性腹膜炎”は猫の病気の中でも致死性が高くて非常に怖い病気で、発病してしまうと助けることができないとまで言われていますが、そのウイルスは通常自然界には存在していません。実は、猫を狙うウイルスの中には“猫腸コロナウイルス”というのがあって、これ自体は猫に対してほとんど悪影響を与えないで腸管に感染するものなのですが、腸の中で突然変異を起こすと“猫伝染性腹膜炎”を発症してしまいます。 “猫腸コロナウイルス”は猫の口から体内に入り、排泄物とともに体外にでてまた他の猫に経口感染

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。