トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ犬の病気【2】 > パルボウイルス

パルボウイルス

パルボウイルスの画像

1970年代の末に生後数カ月の子犬や、免疫力の弱い成犬がバタバタと倒れて死んでしまう原因不明の感染症が世界を震撼させました。そして日本でも全国各地に感染が広がり、その死に至るまでの早さから“ポックリ病”、“コロリ病”と呼ばれて恐れられていました。

これが犬の“パルボウイルス感染症”の始まりで、あまりにも突然の出現に専門家たちも最初はその正体をつかむことができませんでしたが、その後、すでに存在していた“猫パルボウイルス”が突然変異を起こして病原性の強いものとなって犬に感染するウイルスに姿を変えたということが判明しました。

このウイルスは弱いものをしつこく狙って攻撃してきて、たとえば腸の粘膜をつくる部分の細胞を狙って粘膜を作ることができなくしておいて下痢や血便を伴う激しい腸炎を引き起こし、そのすきに腸壁から入り込んで増殖を始めたり、骨髄を狙って攻撃をして白血球を作れなくし、体の抵抗力を奪ったり、リンパ組織を狙って免疫力を低下させたり、中には直接心臓を狙って攻撃をしかけてくるものまでいることから、ハイエナのようなウイルスだとも言われています。

感染のルートを見てみると、パルボウイルスは感染した犬の嘔吐物や排泄物に混じって体外に出た後、それを他の犬が体につけてなめてしまったりすることによってうつってしまうのですが、非常に強くて自然環境の中で感染力を保ったままで半年以上も生き続けることができるために、他の犬に感染する危険もかなり高くなってしまいます。

飼い主の体や衣服、犬舎であれば徹底的に消毒を行ってウイルスをなくすこともできますが、庭であれば土を総入れ替えしなければ危険はなくなりません。ワクチンが開発されたりウイルス検査も数十秒でできるようになってからは、パルボウイルスに感染する犬はごくわずかになりましたが、やはり新しい犬がやってきたらすぐに病院へ連れて行って健康診断を受け、同時にワクチン接種の相談をすることが大切です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫伝染性腹膜炎

“猫伝染性腹膜炎”は猫の病気の中でも致死性が高くて非常に怖い病気で、発病してしまうと助けることができないとまで言われていますが、そのウイルスは通常自然界には存在していません。実は、猫を狙うウイルスの中には“猫腸コロナウイルス”というのがあって、これ自体は猫に対してほとんど悪影響を与えないで腸管に感染するものなのですが、腸の中で突然変異を起こすと“猫伝染性腹膜炎”を発症してしまいます。 “猫腸コロナウイルス”は猫の口から体内に入り、排泄物とともに体外にでてまた他の猫に経口感染

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。