トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ > 犬の病気【2】

犬の病気【2】

乳ガン

メスの犬も、人間と同じように“乳ガン”にかかることがあります。犬の乳ガンが発生するプロセスを見てみると、まず女性ホルモンが乳腺の細胞になんらかの影響を与えて異型細胞となります。 通常は異型細胞が発生しても免疫システムが働いて、異常な細胞は排除されて増殖しないのですが、免疫機能がうまく働かない場合はどんどん大きくなって乳腺腫瘍ができ、ある程度の大きさで増殖が止まって他の組織に転移しないものを“良性腫瘍”と言い、増殖がとまらずに次々と転移しまうものを“悪性腫瘍(乳ガン)”と言い



スポンサー広告

ネットショップ広告


犬の病気【2】の記事

犬の病気【2】のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

乳ガン

乳ガン

メスの犬も、人間と同じように“乳ガン”にかかることがあります。犬の乳ガンが発生するプロセスを見てみると、まず女性ホルモンが乳腺の細胞になん・・・


犬から人に感染する病気

犬から人に感染する病気

犬から人に感染する病気としては“狂犬病”が最も有名ですが、他にもいくつかあるので覚えておきましょう。 まず1つ目は、“疥癬”です。この原因・・・


レプトスピラ

レプトスピラ

“レプトスピラ感染症”は、長さ6~20μm 、直径0.1μm のらせん状のレプトスピラという細菌に感染することによって発症する人獣共通の細・・・


パラインフルエンザ

パラインフルエンザ

パラインフルエンザウイルスに感染することによって発症する“パラインフルエンザ”は、特に寒い時期に子犬がかかることが多い呼吸器系の病気で、ケ・・・


パルボウイルス

パルボウイルス

1970年代の末に生後数カ月の子犬や、免疫力の弱い成犬がバタバタと倒れて死んでしまう原因不明の感染症が世界を震撼させました。そして日本でも・・・


今日のお勧め記事 ⇒ コロナウイルス

“犬コロナウイルス感染症”は別名を“犬コロナウイルス性腸炎”とも言われるように、ウイルスが犬の消化管に感染して腸炎を引き起こすもので、大人の犬は感染してもほとんど症状は出ませんが、子犬に感染すると消化器にさまざまな症状が表れます。発見された当初は病原性が弱いためにさほど怖いウイルスではないと言われていましたが、突然病原性が強くなって今では世界中に蔓延していると言われます。 コロナウイルスに感染すると犬は食欲がなくなって元気がなくなり、倦怠感が見られ、次第に嘔吐や下痢といった

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。