トップ 動物病院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

動物病院ナビ犬の病気【1】 > コロナウイルス

コロナウイルス

コロナウイルスの画像

“犬コロナウイルス感染症”は別名を“犬コロナウイルス性腸炎”とも言われるように、ウイルスが犬の消化管に感染して腸炎を引き起こすもので、大人の犬は感染してもほとんど症状は出ませんが、子犬に感染すると消化器にさまざまな症状が表れます。発見された当初は病原性が弱いためにさほど怖いウイルスではないと言われていましたが、突然病原性が強くなって今では世界中に蔓延していると言われます。

コロナウイルスに感染すると犬は食欲がなくなって元気がなくなり、倦怠感が見られ、次第に嘔吐や下痢といった症状も出てきて、時には便に血液や粘液が混じることもあります。そして下痢が長引く場合は脱水症状を起こすこともあるので、このような症状がみられる場合には早めに病院へ連れていく必要があります。

そして通常は、食事制限や治療を行うことによって1日程度で回復しますが、子犬がコロナウイルスだけでなく、さらに激しい症状の下痢や嘔吐を引き起こす“犬パルボウイルス”や細菌などに混合感染している場合には、心筋炎や敗血症を併発してショック状態となり命にかかわることもあるので、より強力な抗生剤や吐き気止めなどの薬を使った治療が行われます。

感染の原因としては、散歩中などに道端で感染した犬の糞のにおいをかいだり、糞を踏んだ足をなめたりしてウイルスが口に入ってしまうということが多く、他にも人が感染した犬に触れた後、手や衣服を消毒せずにそのまま他の犬に触ったばあいにも感染することがあるので気を付けなければなりません。予防策としてはやはり混合ワクチンの接種が最も効果的ですので、子犬は特に複数回の接種を行う必要があります。

特に子犬は抵抗力がなくて環境の良し悪しによって体調が変化するので、飼い始めたらすぐに接種を開始しましょう。また成犬の場合、感染しても症状が表れないまま知らず知らずのうちにウイルスをまき散らすこともあるので、年に1回は必ず予防接種を受けるようにしましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


動物病院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ パルボウイルス

1970年代の末に生後数カ月の子犬や、免疫力の弱い成犬がバタバタと倒れて死んでしまう原因不明の感染症が世界を震撼させました。そして日本でも全国各地に感染が広がり、その死に至るまでの早さから“ポックリ病”、“コロリ病”と呼ばれて恐れられていました。 これが犬の“パルボウイルス感染症”の始まりで、あまりにも突然の出現に専門家たちも最初はその正体をつかむことができませんでしたが、その後、すでに存在していた“猫パルボウイルス”が突然変異を起こして病原性の強いものとなって犬に感染する

動物病院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。